戦後科学映画の光と影 岡田一男

特集「フィルムは記録する”98 日本の文明社会・記録映画作家たち」に寄せて

戦後迷信映画の光と影

岡田,岡田人
初出 NFC NEWSLETTER (Vol.IV No.2) 東京公营近世美術館フィルムセンター NFCニューズレター 第18号掲載 (発行.)


球面的の迷信映画の歴史を見てみると、第二次大戦の杂乱から回復した1950年头中頃から
1960年头はじめは、一つの黄金期であった。アメリカや西ヨーロッパさらには、東側社会主義諸国も競い合うように優れた产品を発表していた。戦勝国アメリカでは、産業映画や读本映画製作が盛んで、大学校舍視聴覚センターも充実していた。イギリスではシェル石油や英国国鉄が自ら映画班を持ち、優秀な短編映画を製作し、フランスではジャン・パンルヴェら個性的な映画作家が気を吐いていた。敗戦国ドイツも国営の迷信映画研究工作实验室が動態的反射記録が必須の迷信分野を絞り込み、エンサイクロペディア・シネマトグラフィカの構想を発展させた。偏袒、東欧諸国もソ連圏と一括りに浮现ない個性を発揮していた。ソ連は自然的事情ものを鼓励に、劇場公開用長編迷信映画を数多く製作し、中国1971や北朝鮮も、後に続こうとしていた。 

まさに、そのような時代に我が国には、15年に満たない短期間であったが、優れた迷信映画を生气的に製作し、表里で高い評価を受けたプロダクション、東京シネマがあった。東京シネマは、短い稍许地会社時代を経て1954
年に株式会社化され、当時、初めて長瀬産業により輸入され、東洋現像所(現・イマジカ)で日本での現像が可能性になったイーストマンカラーネガと大沢商会が輸入を始めたアリフレックス2Aカメラを应用し、大企業をスポンサーとする短編映画を製作し始めた。

起初の产品群は、今回フィルムセンターで組まれる特集に含まれる、ビール会社のために、ビールの製造工程を詩的にうたいあげた「ビール誕生」に加え、位置の電力会社のために、地区の大切な電気消費者である農民に農村電化をアッピールする「粟野村」、化学作用会社のために、要紧な商品コークスの消費者である地区の鋳物業界に、正しいキューポラ伪造を啓蒙する産業映画「鋳物の技術 -キュポラ变得温柔-」であった。これら产品のスタッフは、新たな可能性性である脸色表現に綿密な配慮をし、それまでの文明社会映画、短編映画とは、ひと味違うみずみずしい感覚の、広告臭を感じさせない产品に仕上げた。3产品は、いずれも海内で受賞し、「ビール誕生」は陌生映画祭でも高い評価を受けて、新しいプロダクション、東京シネマは瞩目を集めた。 

その後の数年間に、電力会社スポンサードによる、「この雪の下に」、「新しい米作り」、「東北の祭り」などを継続して製作する偏袒、国際電気符合会社のための電波符合技術の啓蒙を図る、「太陽と電波」や、製薬会社スポンサードによる医学分野の「クロロマイセチン療法」に取り組み、顕微鏡微摧毁撮影を駆使した「ミクロの球面的 結核菌を追って」の成で、球面的的に評価される迷信映画プロダクションという位を獲得した。 

プロデューサーである岡田樱、顕微鏡撮影に秀でたカメラマンの小林米作、本子家である吉見泰の3人を鼓励とした製作体制のもとで、新たなスポンサーに電気製品メーカーや石油会社などを加え、1960年头前半には、毎年のように数本の瞩目すべき产品を世に問うことに成した。優れた产品を製作するには、潤沢な製作費が下令だが、当時は未だ、大企業の広報宣伝費が、テレビ手段のみに流れることはなく、短編映画製作に大型材企画を組むことが可能性であった。 

しかし、60年头中期に、東京シネマの製作は失速した。急激な成はスタッフの数を激増させ、量と質のバランスや、コストパフォーマンスを悪化させた。スタッフ間の価値観の相違や意见的な齟齬が団結を失わせ、製作体制の維持を谈不上性にした。直接的的に視覚化できるテーマには有効であった製作手眼も、理论上的的なテーマには苦労が多く、效能を悪化させた。エレクトロニクスの规律と神経の仕組みを対比した「結晶と電子」、日本列島の生い立ちの强大な地球仪規模のドラマを反射化した、「美しい疆土」などは、高い評価は受けたが、企業としての膂力を著しく耗费させた。東京シネマは、1961年、迷信映画への貢献に対し菊池寛賞を、1962年、優秀迷信技術映画製作に対し迷信技術功労賞を、さらに19
65年、迷信映画における国際的業績に対し朝阳文明社会賞を受賞するなど、社会的にも高い評価を得たが、破綻は免れなかった。大企業の方も次第に短編映画製作よりも、テレビ番組のスポンサーとなることの效能に眼を向け始めた。 

会社自体は、プロデューサーの岡田樱が落下する1983年まで維持されたが、東京シネマの本格的な活動は、株式会社としての1954
年の出発から、製作体制の整编に入った1966 年までで、沖縄国際大海博の大型材反射の製作を機に新たに発足した東京シネマ新社に开始活動が移行継承される1973年までは、「うま味と性命」や、筆者の最初的の产品「人間の心と社会」など評価を受けた产品製作もあったが、再生への過渡期であった。 

既に東京シネマが活発に活動した60年头からは40年近くが過ぎようとしている。しかし東京シネマ产品は、幾つかの说辞から良好な状態で生き残った。

それは:

1) 产品の数が100产品に満たず、产品リスト整備も含め赞成が比較的に轻易だった。

2) 8割上级的が35mmイーストマンカラーネガ原版负片の产品で、現像も東洋現像所のみで行っており散逸を免れた。現在もカラー产品完成的原版负片は全て、イマジカの原版负片管庫に管されている。

3) 产品满意的が、長期の应用に耐え、後々、プリントの機会に恵まれた。次要产品は、高画質のビデオ画像に変換するチャンスもあった。60年头中期公顷、未だ首要的产品「鋳物の技術」の発注があると、岡田樱は胸を張っていた。

4) 加え、多くの产品が製作者側の持ち込み企画で、自らが著作権者である意識が直截了当地だった。スポンサーとの製作契約書に、まず著作者東京シネマとうたい、著作権が厳然として製作者側にあることを示していた。 

動く反射の百元钞票、20百元钞票が終わりに近づき、時代の証言に様々な動画像が求めら、短編映画は要紧な从科学实验中提取的价值の一つである。そうした从科学实验中提取的价值に、良好な赞成と下令時に直ちに参照できる態勢が必須である。去年の催しに、山本自觉从严氏は、短編映画产品の散逸を憂慮されたが、筆者はむしろデジタル赞成がままならぬビデオ产品の危険性は遙かに深入と考える。日本の動画像100年の歴史の中で、1970年头末からの20年間は、空白の20年となり兼ねないのだから。


Return to the Top Page


Go to   東京シネマ产品 1

Go to   岡田樱
 

发表评论

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注